トップページ

ご利用方法

お客様の声

アクセス

よくある質問

お問い合わせ

正しいことと場面とタイミング 放課後等デイサービス

2022-06-20

こんにちは。

夢を叶える就労トレーニング下之郷です!

 

お子さんの中には、その時間に何をしていいのかわからなくなってしまったり、

自らの興味のままにその場所から離脱してしまったりするお子さんもいます。

 

大人になれば、休みの日はどこに行ってもその人の自由になりますが、

働いている時間となると、

「電車がみたくなったから、駅まで行って電車を見てきた」

ともなれば、急にいなくなったと騒ぎになってしまいますし、働き続けることが

難しくなってしまう可能性もあります。

 

やりたいことと、やらなければいけないこと

Hさんは、やることが曖昧だったり、活動と活動に空いた時間ができてしまうと

自分が気が向いたことを行いたいお子さんです。

 

職員側も「〇〇をして、次は■■で最後に△△をやるよ」

とスケジュールは張っておき伝えますが、実際に活動しているときの、自身が終わってしまって、

友だちがまだできていない時などの少しの時間で、興味がある方へ行ってしまう場面があります。

 

職員側から、「終わった人は次は〇〇をして、それも終わったら■■」と

指示を出すこともありますが、

Hさん本人から「終わったので○○してきてもいいですか?」や「××行ってきます」

と伝えて、承諾を得てからいくことも大切なことだと考えています。

 

長所も短所も表裏一体

例えば、「飽きやすい」が短所なら、「好奇心旺盛」が長所になることが多いです。

また、「自分の意見がない」が短所なら、「協調性」が長所になることが多いです。

 

このように短所と長所は表裏一体になっています。

致命的な短所も裏返すことで長所を見つけることができるのです。

「短所は長所の裏返し」と考えることができます。

 

これはカウンセリングの手法の一つで、「リフレーミング」と呼ばれるものです。

 

Hさんは「好奇心旺盛」という長所があることは素晴らしいことです。

プラスで、Hさんがこれから、どの集団に所属するかはこれから決定していくことですが、

どの集団であっても、その集団にいる時間の100%が自分のやりたいことである

可能性は低いです。

 

その時に、その時にやりたいことを家に帰った時や自由時間に持ち越せる力や

配慮をしていただける集団であっても「〇〇に行ってきます」と伝えられる力

交渉できる力は必要になります。

Hさんと協議をしていきHさんも納得して連絡することができていけるようにこれから支援をスタートしていきます。

 

 

Instagramでは、長野県上田市こどもプラス3教室の情報を投稿しています!

こちらもぜひご覧ください(^_-)-☆

いいね!フォロー!もお待ちしています(*’ω’*)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

長野県こどもプラス3教室 Instagram♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号0120−970−421 受付時間 平日10:30~19:30 土曜・祝日9:00~18:00 定休日:日曜日
  • 当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
    お気軽にお問合せください。

     

    こどもプラスは全国に教室がございます。
    教室情報はこちらからご確認いただけます。

    ▲page top