トップページ

ご利用方法

お客様の声

アクセス

よくある質問

お問い合わせ

想像力の不調と解釈 どこかに所属し、一緒に生活することについて 放課後等デイサービス

2022-09-08

こんにちは。

夢を叶える就労トレーニング下之郷です!

 

下之郷教室では、アナログゲームでの他者とのコミュニケーションや、

公共交通機関を利用した自主登所、パソコンスキル、

電話応対、食事作りなど将来的にどこかの集団に所属し働いたり、

生活したりする際につながるスキルの習得を

目標にお子さん達の支援を行っております。

 

その中で、「想像力に不調」があるお子さんがいます。

どこかに所属するということは?

 

学校や職場、部活動、地域の友だち、習い事などその子にとって、

所属する場は様々ですが、

将来的に完全に個人で働いていくという場面を除いては、

必ずどこかに所属しながら

生活していくことになると思います。

 

所属をするということは、

多かれ少なかれ他者がいるということです。

自分ではない他者のことを100%理解し、

他者が何を考えているのかを当てられる人は

なかなかいないと思います。

ただ、他者について「わかろうとする」

「他者のことを少しでも考える」ということは

必要になってくると考えています。

 

自閉症スペクトラムのお子さんの特徴としては

イギリスの精神科医ローナ・ウイング博士がまとめた、

下記の3つの特性が今でも自閉症スペクトラムのお子さんの

特徴として知られています。

 

【自閉症スペクトラムの特性】

・「社会性(対人関係)の特性」

・「コミュニケーションの特性」

・「こだわりの強さ(想像力)という特性」

この中で、人と関わる中では、「想像力の乏しさ」や

「想像力の困難さ」が課題に上がることも多いです。

 

実際に、下之郷教室でも、

ロールプレイを行う際に、架空のストーリーで登場している

人物の心情の理解に時間が掛かったり、

理解が難しいお子さんがいます。

 

自閉症スペクトラムの特徴として、こだわりや、

同じ行動の繰り返し、ルーティン行動がありますが、

これは、この先に起こることの想像・予測が難しかったり、

行動の見通しを持つことが難しいため、

自分なりの見通しにこだわりをもったり、

同じことを繰り返すことで

安心感を得たりしているものだと考えられています。

 

自閉症スペクトラムのお子さんについて

「想像すること全般が困難」

と思われてしまうことが多いですが、

お子さんの個性によってどの想像に

つまづきがあるかを支援者はわかろうと

する必要があると思っています。

 

想像力の中には、

  1. とある場面において次に起こることについて考えをめぐらすこと
  2. 相手の気持ちや考えを予想すること
  3. 自分の言動が相手に与える影響やその結果について考えをめぐらすこと
  4. 相手の言動から相手の心情について考えをめぐらすこと
  5. 架空の想定の中の人物の心情について考えをめぐらすこと
  6. 文字や聞いた言葉から視覚的なイメージを思い起こすこと
  7. 物理的、化学的な法則性に則った因果関係を予想すること
  8. 新しいアイデアを思いつくこと
  9. 発生しうるリスクについて予想し、対策すること

などがあり、

 

2~5については対人となっています。

集団に属する際には、

2~5の対人部分の想像が必要な場面も多いです。

 

苦手をどう補っていくのか?

 

支援としては、その子のこだわりを活用していくことや、

行動のレパートリーを増やすこと、

「知識」として一般的な考えを伝えること、

小集団の会話への参加を促すことなどがあります。

 

ただし、自閉症スペクトラムの特性を持つお子さんが

「相手がどう感じて、どう行動するか」を想像すること

自体が苦手と言うわけでもありません。

 

京都大学の2014年の研究では、

自閉症スペクトラムの方は自閉症スペクトラムの

特徴がある人物を判断するときに、

共感や相互理解が起きることが分かってきています。

 

つまり、「自閉症スペクトラムの特性が無い人・

あまり特性が表出していない人(定型発達の人)」

に対して「相手がどう感じて、どう行動するのか」

を想像することが苦手ということです。

 

中高生となると、人間関係において失敗を

積み重ねてきたお子さんも少なくありません。

 

下之郷教室での活動を通して、

自分の苦手な部分を認識してもらいつつ、

その苦手な部分を補う工夫や環境設定を

自身で知ってもらい活用できるように今後も支援を続けていきます!

 

参考:『自閉スペクトラム者と「想像力」① 言葉の乱用と混乱の整理』,naoto, 自閉症スペクトラム者と「想像力」① 言葉の乱用と混乱の整理 | 村中直人の雑記帳 (inthevillege.com),閲覧2022.9.8

 

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

下之郷教室の利用に関する空き情報についてはこちらから↓↓↓

下之郷教室利用状況

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…

Instagramでは、長野県上田市こどもプラス3教室の情報を投稿しています!

こちらもぜひご覧ください(^_-)-☆

いいね!フォロー!もお待ちしています(*’ω’*)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

長野県こどもプラス3教室 Instagram♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号0120−970−421 受付時間 平日10:30~19:30 土曜・祝日9:00~18:00 定休日:日曜日
  • 当教室へのご質問・ご見学の希望がなどがございましたら、
    お気軽にお問合せください。

     

    こどもプラスは全国に教室がございます。
    教室情報はこちらからご確認いただけます。

    ▲page top